どんなお部屋をお探しですか?

住民登録用の書類も勿論付いています!

シェアアパートで最も小さいお部屋が約10㎡(6畳)の広さで、最も広いお部屋は30㎡(18畳以上)あります。家賃には個室と共同スペースであるキッチン、浴室、WCの使用代が含まれています。シェアアパートには、2人2部屋から4人4部屋までのサイズのアパートがあります。

 

基本家賃には、ドイツでNK(Nebenkosten)と呼ばれる管理費、暖房費、光熱費等が加わり、WIFI 費用の均一10ユーロが含まれています。

 

どのアパートも基本的には台所で食事ができるか、それに等しい仕様になっていますが、共同スペースの広さや使い心地によって、この家賃にマイナスの掛け算が加わるアパートもあります。1年以上ご滞在の長期滞在には割引もあります。

 

シームレスに借りていただき、コストパフォーマンスの良い(家賃に対するアパートの価値が高い)アパートを提供させていただくべく、空き状態の無い稼働率が高い運営をさせていただいておりますので、お陰さまでどのお部屋も基本的には常に賃貸中となっていることが多いです。

 

各アパートには、ベット、タンス、机と椅子、キッチンには洗濯機や調理用具などの必要な什器備品は全て揃っていますし、もし不足しているものがあればフォーラムにご記入いただき検討させていただきます。用意していないものは枕、シーツ、掛け布団だけですので、それらはご自身にてご用意いただいています(前の人の物が残っている場合、それを洗濯して使われることは可能です)。

 

クリックすると拡大される画像上の家具の種類や位置には多少の変更がありますのでご見学の際にご確認下さい。到着日にお部屋がまだ空いていない場合は、デュッセルドルフのライン川沿いにあるユースホステルをお勧めいたします。詳しい情報はこちら ⇒ デュッセルドルフのユースホステル

 

 

ご質問は、コンタクトのページから、あるいは直接 info(at)4ugmbh.de までお願いいたします。


 

お部屋に何か不都合や不便な点がないかを確認させていただくためにも、定期的に飲み会を企画し、店子さんをご招待しています。参加費用は10ユーロ程度で飲み放題、食べ放題です。

 

毎回、笑いが絶えない楽しい飲み会になっていますので、店子さんも、店子さんのお友達も是非ご参加ください。

 

ゲストブックのページへのコメントを寄せてくださる方には、空港への送迎サービスを提供させていただいています。

物々交換ならぬ、労力交換です。良いことに限らず、悪いこともご遠慮なく何でもコメントをいただけますと、それと交換で空港(但し、デュッセルドルフ空港、あるいはデュッセルドルフ中央駅、あるいは市内や近場の別の場所) への送迎が可能です。

 

興味のある方はお申し出下さい。文章のスタイルや長さなどは一切お任せです。

 

また、私が主催させていただいている飲み会以外に、皆さん同士で飲み会がある場合、その席での楽しい様子の様子を写真に取って送っていただき、それがこのサイトの飲み会のページで採用されると€10のお礼をさせていただいていますので、そちらの方も是非奮ってご応募下さい。


- ドイツ生活に役立つ情報 -

以下は、ドイツの生活に役立つ情報を集めています。

 

特にドイツ生活の初心者には役立つ情報もあるので参考にしてください。 ドイツのアパート生活のガイドは右の資料をダウンロードしてお読みください。

ダウンロード
ドイツのアパート生活ガイド
Hausordnung Jan. 2017.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 523.0 KB


ドイツは先進国の中でも、ダントツの日本を除けば治安が最も良い国のひとつになり、生活にゆとりがあってとても住みやすい国です。それでも日本とは比較にならず、治安に関する常識が基本的に日本とは違います。平和に慣れて被害に遭ってもおとなしい日本人は特に盗難グループに狙われていますので、その点に注意してお財布とパスポートを持って行かれてしまわないようにしてください。

 

基本的に一般の日本人は平和ボケしています                      ドイツの生活に役立つ情報が豊富な

管理人ブログから

相変わらず犯罪組織にやられっぱなしの日本人    

 

 

安全(犯罪)情報

 

 

もし交通事故に遭ったら(車に轢かれたら)どうするか?

 

ネットdeデュッセルのブログサイトから...:

車をぶつけた/ぶつけられた どうしたらいいの? まず、謝らない!

(同ブログサイト、DJ-Finanz 山片重千嘉)


ワーホリ・語学留学の健康保険はドイツで入るべき!

■ ワーホリ・語学留学の健康保険は日本ではなくドイツで入るべき!
■ ドイツの保険なら就職時には途中解約ができます。
 
ドイツにワーホリで来る場合は、健康保険に加入する義務がありますが、その場合日本の保険ではなく、ドイツの保険にしたほうがいいでしょう。
 
途中で就職が決まった場合、ドイツの法定健康保険に加入することになりますが、日本の保険の場合は途中解約・返金ができずに2重払いになってしまうケースがあります。
 
ドイツの旅行健康保険であれば
 
・法定健康保険に加入した場合
・途中で帰国した場合
 
などは解約返金が可能です。
 
ワーホリ、語学留学の際の健康保険が必要な方はこちらを御覧ください
 
お問い合わせはこちら

ドイツに来てすぐ銀行口座を作る方法

ドイツに来てすぐに必要な銀行口座、しかしステータスのない者には口座を開設してくれない銀行も多いようです。 ドイツの銀行口座の作り方 ⇒ ネットdeデュッセル 銀行


一般銀行の場合

一般の銀行ではドイツ銀行(Deutsche Bank)は窓口でも比較的口座が開きやすいようです。ビザ(滞在権)がなくても、住民票さえなくても、郵便を受け取れる住所とパスポートがあれば基本的には口座開設可能です(2016年5月現在)。

その際、ホームステイや居候の場合でも必ず郵便受けに自分の名前を明示して、自分宛ての郵便が受け取れる必要があります。

〇〇方(c/o アドレス)では口座開設できないケースがあります。

ドイツ銀行ならオンラインバンキングも英語版がありますが、口座維持手数料が毎月約5€かかります。

 

ネットバンクの場合

ネットバンク(Direktbank)は支店サービスのない銀行です。認可上も完全に普通の銀行と同じ扱いで、10万ユーロまでの預金保証ももちろんあります。

ネット銀行の中でも開設しやすいところと、そうでないところがあるようです。

永住権がある、引っ越ししてからある程度の時間が経っている、会社員である、などの条件を満たせば大概どこの銀行でも開設可能です。

その場合は私は個人的にはDKB.deをお勧めしています。常に利子条件はいいほうで、どこの銀行のATMからも無料で引き出し可能です。

 

フリーランスの方や滞在ビザがまだ取れていない場合

フリーランス、引っ越しして日が浅い、ドイツに来たばかり、滞在ビザもまだ取れていない、という場合でも開設できている銀行もあります。

例えば DAB-Bank.de です。

その際、住所も上記のように直接自分の名前の宛先にして、クレジットカードを申し込まなければより開設しやすいようです。

comdirect.de もやはりクレジットカードを申し込まなければ開設しやすいようです。

ただし、どこもサイトやオンラインバンキングはドイツ語のみのようです。

 

ネットバンクの申しこみ

1.それぞれの銀行のサイトに行き、Kontoeröffnung (口座開設) などのボタンをクリック、必要事項を記入します。

2.そうすると、自分のデータの入ったPDFをダウンロードできたり、メールで送られてきます。

3.その中から Postident と書かれている以下のようなページを印刷します。DAB-Bank ではこの1ページだけですが、銀行によっては複数ページプリントアウトする必要があるかもしれません。

Postident

4.この用紙とパスポートを持って郵便局に行き、本人認証をしてもらいます。

5.そのまま郵便局から無料で郵送してくれます。

6.あとは銀行からの書類の郵送を待ちます。

7.口座が開設できた場合にはその通知、カード、暗証番号などが次々に別の郵便で送られてきます。

ご自分での開設が難しい場合には銀行口座開設手続き承っています。
お問い合わせはこちら http://dj-finanz.de/kontakt/

 

オンラインバンキング

オンラインバンキングはもちろんその銀行のサイトからもできます。

PCのない方でもそれぞれの銀行でスマフォ用アプリを出していますので、スマフォで残高のチェックや送金も可能です。

また、汎用アプリでは複数の異なる銀行の口座の管理も可能です。例えば、

iOutbank  iOS用 :  http://www.outbank.de/

Starmoney (iOS用、Android用)
http://www.starmoney.de/index.php?id=mobile-banking-apps

(2015年4月28日記)


文:DJ-Finanz.de 山片重嘉

 
・法定健康保険に加入した場合
・途中で帰国した場合
 
などは解約返金が可能です。
 
ワーホリ、語学留学の際の健康保険が必要な方はこちらを御覧ください
 
お問い合わせはこちら