- ドイツ、デュッセルドルフのアパート&シェアアパート -

住民登録用の書類も勿論付いています。 住民登録・ビザ申請を行う場所の情報はこちら  

シェアアパートで最も小さいお部屋が約10㎡(6畳)の広さで、最も広いお部屋は30㎡(18畳以上)あります。家賃には個室と共同スペースであるキッチン、浴室、WCの使用代が含まれています。シェアアパートには、2人2部屋から4人4部屋までのサイズのアパートがあります。

 

基本家賃には、ドイツでNK(Nebenkosten)と呼ばれる管理費、暖房費、光熱費等が加わり、WIFI 費用の均一10ユーロが含まれています。

 

どのアパートも基本的には台所で食事ができるか、それに等しい仕様になっていますが、共同スペースの広さや使い心地によって、この家賃にマイナスの掛け算が加わるアパートもあります。

 

コストパフォーマンスの良い(家賃に対するアパートの価値が高い)アパートを提供させていただくべく、空き状態の無い稼働率が高い運営をさせていただいておりますので、お陰さまでどのお部屋も基本的には常に賃貸中となっていることが多いです。

 

各アパートには、ベット、タンス、机と椅子、サイドボードか本棚風の収納家具等、キッチンには調理台、オーブン、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、湯沸かし器や調理用具、お皿やフォークナイフなどの必要な什器備品は全て揃っています。TVは付いていません。また、TVは使えるお部屋と僧でないお部屋がありますので、必須な場合は必ず前もってご確認下さい。

 

もし不足しているものがあれば、用意することを検討させていただきます。用意していないものは枕、シーツ、掛け布団だけですので、それらはご自身にてご用意いただいています(前の人の物が残っている場合、それを洗濯して使われることは可能です)。TVは、映るお部屋とそうでないお部屋がありますので、TVが必須の方はご契約の前にご確認下さい。

 

クリックすると拡大される画像上の家具の種類や位置には多少の変更がありますのでご見学の際にご確認下さい。到着日にお部屋がまだ空いていない場合は、デュッセルドルフのライン川沿いにあるユースホステルをお勧めいたします。詳しい情報はこちら ⇒ デュッセルドルフの比較的に安価な宿泊施設

 

 

ご質問は、コンタクトのページから、あるいは直接 info(at)4ugmbh.de までお願いいたします。

- ドイツ生活に役立つ情報 -

以下は、ドイツの生活に役立つ情報を集めています。

 

特にドイツ生活の初心者には役立つ情報もあるので参考にしてください。 ドイツのアパート生活のガイドは右のページにある資料をダウンロードしてお読みください。


ドイツは先進国の中でも、ダントツの日本を除けば治安が最も良い国のひとつになり、生活にゆとりがあってとても住みやすい国です。それでも日本とは比較にならず、治安に関する常識が基本的に日本とは違います。平和に慣れて被害に遭ってもおとなしい日本人は特に盗難グループに狙われていますので、その点に注意してお財布とパスポートを持って行かれてしまわないようにしてください。

 

基本的に一般の日本人は平和ボケしています                      

ドイツの生活に役立つ情報が豊富な

管理人ブログから

相変わらず犯罪組織にやられっぱなしの日本人    

 

 

安全(犯罪)情報